お手入れすればずっときれい!機械式時計のベルトの手入れ


機械式時計のベルトの素材

機械式時計とは、ぜんまいを動力とする時計のことです。この機械式時計は、電力を動力としない以外にも特徴があり、それが非常にファッション性が高いということです。ぜんまいの動きによって生み出される針の繊細な動きやムーブメントの精巧さが美しく、多くの人々がファッションアイテムとして活用しています。そのような機械式時計のベルトは、主に革ベルトと金属ベルトが使用されていることが多いです。時計のベルトは布や樹脂などが使用されることもありますが、スーツスタイルにも合う金属や革ベルトが多いでしょう。

金属素材のベルトのメンテナンス

金属素材のベルトのメンテナンス方法は、怠ると汚れがたまり肌荒れの原因にもなりかねないので丁寧に行うことが必要です。日々のメンテナンスとしては、汗や皮脂をぬぐうためにメガネふきなどで拭うことが必要となります。このように磨けば、汚れが落ちるほか、傷を目立たせません。また、金属ベルトの場合、小さな部品の間に皮脂や垢がたまることが多く、これを取り除かなければなりません。歯間ブラシで落とすほか、濡らした綿棒や中性洗剤などを使用して、定期的にきれいに落とすとよいでしょう。

革素材のベルトのメンテナンス

汗や水などに弱い革ベルトは、丁寧なメンテナンスをしなければ、すぐに劣化してしまいかねません。日々のメンテナンスとしては、汗や湿気で水分が含まれていると感じたならばすぐに乾燥させるということです。柔らかい乾いた布で優しく拭くと、きれいになるでしょう。きつくこすりすぎると色落ちの原因となります。このほか、革靴と同じような手入れをしてもよいです。

パテックフィリップは、1839年創業のスイスの高級時計メーカーです。自社の時計はどんなに古くても修理できる「永久修理」という方針を掲げていることでも有名です。