壁面緑化にチャレンジ!メリットと作り方について


壁面緑化にすると良い点?

一般的につる植物を使用し、自宅や会社の建物の壁全体を覆ってしまうことを指して壁面緑化と言います。メリットはいくつかありますが、温度の上昇を抑えることができるのが大きいです。地域によっては、夏場だと気温が四十度を超えることは珍しくありません。そのような強い日差しが直接建物に当たると、室内の温度が上がります。その時に壁面緑化にしておけば、植物が太陽の日差しを遮ってくれます。そのため室内の温度の上昇を抑えることができるのです。おかげで壁面緑化をしていない家庭よりも電気代を節約できる場合があります。また人によっては植物を見ることによって、癒されたりリラックスできたりするのも壁面緑化の良いところです。

壁面緑化の作り方について

壁面緑化のやり方はそれほど難しくありません。まずワイヤーやネットなどを用意するか、壁面緑化用のパネルが売っているのでそれを壁に設置します。そして屋上にプランターを用意して、下に向かって垂らします。あるいは下にプランターを置いて、上に向かって伸ばしていく方法があります。もしも種や苗を植えられる庭があるなら、プランターを使わなくても構わないです。そして植えるものに関してですが、初心者の場合はゴーヤにしておくと良いでしょう。害虫に強く、適度に水をやるだけで育つので手間がかかりません。加えて実がなれば収穫して食べられます。他にアサガオはゴーヤのように食べられませんが、比較的成長が早いのですぐに壁面緑化にしたい人に向いています。

壁から植物が生えているように見える壁面緑化、都市部などでよく見られる景色になってきました。ヒートアイランド現象を緩和し、植物の光合成により空気もきれいになるなどメリットが数多くあります。