機械式時計は正しい方法で保管すれば長く使い続ける事ができます


保管場所の注意点について

機械式時計はクオーツ時計とは異なり内部の構造が複雑でデリケートです。そのため、保管方法を間違えてしまうと、内部の部品の劣化が進んでしまい故障の原因にもなります。まず保管をする前に注意しておきたいのが、手汗や垢などが時計に付着したままで保管をしない事です。汗や皮脂などを放置しておくとサビなどの原因にもなるので保管する前には必ず専用のクロスなどを使用して綺麗に拭き取りましょう。

また、保管をする際に磁気を発している物を近くに置かないように注意しましょう。磁気を強く受けてしまうと時計の時刻に影響を与えてしまい、正確な時間を刻めなくなり故障の原因にもなってしまいます。そのため、磁気を発生しやすい物は事前に他の場所に移動させておきましょう。

避けたい保管場所と適した保管方法

機械式時計を保管する際には、直射日光が当たらない場所にしましょう。日光を直接浴びていると日焼けや内部構造の故障の原因になります。また、暑い場所や湿気が多い場所も避けましょう。気温の変化などによって金属の変化や結露などにより内部に水分が発生してしまい故障してしまう事があります。

保管に適しているのは時計専用のコレクションボックスなどに入れておく事です。コレクションボックスは時計を良好な状態に保つ環境が整っており、湿気やホコリなどから大事な時計を守ってくれます。また、機械式時計は常にゼンマイを巻いて動かしておく事で長く使用できるため、常に時計を動かしている状態にできるウォッチワインダーなどに保管しておく事で、より長く愛用できます。

オーデマピゲはスイスの老舗時計メーカーです。ゴールド製のモデルもさることながら、ステンレス製のモデルでも一本数百万はするので世界三大高級時計と呼ぶに相応しいブランドです。