電子タバコって普通の煙草と違うの?こんな相違点がある


ニコチンやタールが入っていない!

普通の煙草と電子タバコの大きな違いは、ニコチンやタールが含まれていないことです。いわゆる紙巻き煙草には、有害性があるとされるニコチンなどの成分が入っていますが、電子タバコにはそれらが含まれていないため、比較して健康へのリスクが低いとされています。ただし、電子タバコに用いるリキッドにはニコチンが含まれている物がありますし、紙巻き煙草とは異なる有害性があるとも言われていますので注意も必要ですね。なお、その他にも加熱式タバコという種類もありますが、こちらは完全な煙草に分類されていますので混同しないようにしましょう。

止めたい時にすぐに止められる

電子タバコは自由度の高い使い方ができるという特徴も持っています。煙草の場合ですと、一度火を付けた後は喫煙を途中で止めにくいですが、電子タバコは一口だけ吸うといった使い方が可能です。機械的にオンオフが可能ですので、僅かな時間でも楽しむことができますよ。もちろん火は使わないため、煙草のように後始末でもたつくこともないですね。

充電切れになると使えない

バッテリーを必要とするのも煙草と電子タバコの大きな違いです。電池切れを起こしてしまうと使用できませんので、火があればすぐに吸える煙草と比べて不便が生じ得ます。この点を手間に感じてしまう人もいるようです。

リキッドを用意する必要がある

煙草と違い、電子タバコから発せられるのは水蒸気です。そして水蒸気の元になるのがリキッドであり、専用の液体を入れることで吸うことができます。色々なフレーバーが売られているため、各自の好みに合わせて楽しめますよ。

ニコチンリキッドは、健康上のリスクが高いため国内での販売が禁じられていますが、海外においては多くの電子タバコの愛好者の間で人気があります。