vapeのメリットとは?選ぶ際のポイントはどこ?


香りの選択肢がとても多い

vapeはリキッドと呼ばれる液体を、専用の器具に充填して使用します。そのリキッドの種類が豊富なのが大きな強みです。スタンダードなメンソールの他に果物やお菓子など、色々な香りが用意されています。そして多くのvapeではリキッドを付け替えることで、ひとつの器具で様々な香りを楽しめるようになっています。リキッドそのものはリーズナブルなものが多いため、新しい香りを試すのもそう難しくはありません。

タンクが別になっているタイプは香りの切り替えが楽

ひと口でvapeと言っても全てが同じ形ではなく、主にリキッドの充填方法に違いがあるため、選ぶ際にはまずそこに着目しましょう。手軽に取り扱いたいのであれば、リキッドを注入するタンク部分が本体とは別になっているタイプが向いています。その中でPODタイプは自分でタンクにリキッドを注入する形で、タンクを交換するとすぐに別の香りに切り替えられます。そんなPODタイプと同じように交換ができ、リキッドを使い終わったらタンクは捨てるカートリッジタイプもあります。

メンテナンスのことも考えて

vapeはリキッドに熱を与えるコイル部分やバッテリーなど、複数のパーツで構成されています。その中には消耗品が含まれるので、長期的に使用するのであれば交換や修理などのメンテナンス作業が必要となってきます。特にコイルは比較的高い頻度で交換しなければなりません。その点PODタイプやカートリッジタイプは、タンク部分にコイルが付いているので交換が楽です。そしてもしメンテナンスを全くしないで済ませたいのであれば、本体全てが使い捨てできるものを選ぶのも良いでしょう。

vapeの日本製とされる製品の多くは、生産国が中国であることがほとんどです。リキッドが日本製であり、本体は中国製なので購入するときは間違えないようにしましょう。