vapeの特徴って?良いところ・悪いところをチェック


タバコ臭くなる心配がない

vapeは気軽に使用できるのが大きな魅力です。紙巻タバコですと、独特の煙たいニオイが発生するため、部屋や車内では使いにくかったり、周囲の人に配慮をしなければいけなかったりしますが、vapeから発生するのは水蒸気ですのでタバコ臭で困ることがありません。残り香についてもほぼ無臭で、使用を気付かれる心配もないでしょう。

経済的に楽しむことができる

紙巻タバコからvapeへと移行するケースが増えていますが、理由のひとつとしてお財布に優しく楽しめることが挙げられます。本体やリキッド、消耗品などを用意しなければいけないものの、一度購入をすれば長持ちしますし、一式で買ってもそこまで高く付くことはありません。長い目で見るとタバコ代と比べ安上がりですので、節約をしたい人にもおすすめのアイテムと言えます。

種類豊富なフレーバーを楽しめる

フレーバーを楽しめるのがvapeの魅力ですが、フレーバーの種類が非常に多いのも特徴的です。紙巻タバコにはない様々な味が存在する上、自分でリキッドをブレンドして好みの味わいを作り出すこともできます。組み合わせは無限大で、色々な組み合わせを探すのも醍醐味と言えるでしょう。

本体のメンテナンスが必要

デメリットのひとつは、メンテナンスに掛かる手間です。消耗パーツを定期的に交換する必要があったり、本体のバッテリーが劣化したりするため、紙巻タバコにはない手間が生じます。手軽に楽しみたい人ですと、その煩わしさが苦手に感じるかもしれませんね。

基本的にネット通販で買う必要がある

vapeを取り扱う実店舗も登場していますが、あまり多くはないというのが実情です。そのためネット通販で買うのがスタンダードで、必要な時にすぐに手に入らないのもデメリットになり得るでしょう。

vapeのアメリカ進出は、健康志向が高くなっており電子タバコの需要が多くなっているからです。フレーバーの種類の豊富さで販売を伸ばしています。